Webライティング

副業Webライターがブログを始めると挫折する【失敗しない方法を解説】

2020年3月23日

悩んでいる人
Webライターはブログを始めると、メリットが多いみたいですね。
でも副業の場合、Webライターとブログを両立させられるか不安。

 

今回はこんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・副業Webライターがブログを始めるメリット
・副業Webライターがブログで挫折する原因・対策

 

本記事の信頼性

・本業:メーカー営業マン
・Webライター歴:6ヶ月
・ブログ歴:2ヶ月

 

この記事を書いている僕は、Webライター歴6ヶ月です。
副業としてWebライターを始めて、3ヶ月で月10万円を達成しました。

 

Webライターがブログを始めると多くのメリットがありますが、副業としてWebライターをやっている場合は、ブログを始めると挫折がちです。

 

本記事では、副業Webライターがブログを始めるメリットを確認しつつ、挫折せずに両立をしていく方法を解説していきます。

 

副業でWebライターをしながらブログ運営をするべきか迷っている方は、3分でサクッと読めますので、最後まで目を通してみてください。

 

 

副業Webライターがブログを始めるメリット

副業Webライターがブログを始めるメリット

 

結論から言うと、副業としてWebライターをしている方でも、会社に頼らず稼ぐ力をつけたいのであれば、ブログ運営は始めるべきだと思います。

 

まず、Webライターの方がブログを始めるメリットは、以下の通りです。

 

メリット①:スキルアップができる
メリット②:ブログがポートフォリオになる
メリット③:ブログは長期的に資産化できる

 

一つずつ順番に解説していきます。

 

メリット①:スキルアップができる

ブログを始めることで、ライティング、SEO、WordPressの装飾など、サイト運営に関連するスキル全般を身につけることができます。

 

Webライターなので、ライティングだけできればいいのでは?

 

クラウドソーシングを見れば、「SEO、WordPressできる方歓迎!」というような案件が多いことが分かると思います。

 

WebライティングしかできないWebライターより、SEOやWordPressの知識があるWebライターのほうが、市場価値は高いです。

 

自分でブログ運営をすると、このあたりのスキルは普通に身についていくと思います。

 

メリット②:ブログがポートフォリオになる

Webライティング案件の提案をしていると、初めてのクライアントはテストライティングを求められることが多いと思います。

 

過去のライティング実績を出すにも、著作権とかのことを考えると提示しづらいですよね。そんな時に自分のブログがあれば、それがポートフォリオになります。

 

自分のブログなら信頼性もあるので、採用率も高そうですね?

 

とはいえ、ブログ実績を出してからポートフォリオ化しないと、自爆の危険性ありです。

 

なぜなら、検索上位がとれていないブログを出しても、「記事のレベル低いな…不採用」となる可能性もあるからです。

 

ブログとして実績を出してから、検証データを添えてポートフォリオにしましょう。

 

メリット③:ブログは長期的に資産化できる

Webライターは作業案件ごとの報酬ですが、ブログで上位検索をとることができれば、長期的に収益を発生させることもできます。

 

自分のブログ記事がニーズのあるキーワードで検索上位になれば、アフィリエイト広告から収益を発生させられるからです。

 

そのあたりの仕組みが、イマイチ分からないんですよね、、

 

例えば、ブログ記事に貼ってあるAmazonなどのリンクから読者が商品を購入すると、ブログ運営者に手数料が入ってきます。これがアフィリエイト収益です。

 

なので、ブログで検索上位をとれるような記事が書けると、継続的な収益を期待することもでき、資産化していくことができるわけです。

 

まもる
価値が高いブログは、企業から買収を提案されることもありますよ。

 

副業Webライターがブログで挫折する原因・対策

副業Webライターがブログで挫折する原因・対策

 

多くのWebライターは、「そんなにメリットがあるならすぐにでもブログを始めたい!」となるわけですが、本業がある方は慎重に進めましょう。

 

なぜなら、僕も勢いでブログを始めて、軌道修正に苦労したからです。具体的に、僕は次の3つの原因で挫折しかけました。

 

原因①:時間管理ができなかった
原因②:メンタルがブレてしまった
原因③:副業収益が不安定になった

 

ここからは、原因と対策をセットで解説していきます。

 

原因①:時間管理ができなかった→対策:タスクの細分化

まず、本業とWebライターだけでもラクではないのに、ブログを始めたことで一気に時間管理が難しくなりました。

 

特にブログ開設して間もない頃は、ともかく記事数を増やすしてコンテンツを充実させていかなくてはいけません

 

記事数が少ないスカスカのブログだと、ブログを訪れた読者に不信感を与えてしまいますし、何よりブログとしての魅力がないからです。

 

とはいえ、ブログに集中しすぎると、Webライティングのクライアントから「記事はまだですか?」と軽いクレームも、、。

 

板挟み状態ですね。そんな状況を、どうやって脱出したんですか?

 

これを解決するために、Webライティング案件とブログ記事の全てのタスクを細分化して、1週間のスケジュールに落としました

 

例えば、タスクとしては以下のレベルまで細分化します。

 

①:キーワードの選定
②:記事構成の作成
③:記事本文の作成
④:WordPressでの装飾
⑤:納品 or ブログ公開

 

次に、タスクを週間単位のスケジュールにザクッと落とすことで、やるべきことが明確になり、空き時間の使い方も上手になりました。

 

ちなみに、タスク管理のツールには「Notion」というアプリを使っています。

 

 

無料で読める以下のnoteも参考になるので、時間がある時に読んでみてください。

 

 

原因②:メンタルがブレてしまった→対策:目的を明確にする

次に、ブログ運営をする目的を明確にしておかないと、メンタルがかなりブレます。

 

ブログを続けていくと愛着も湧いてくるので、どうしてもWebライティングよりもブログ記事作成に力が入っていってしまうからです。

 

僕の場合、気づいたらブログ9割、Webライティング1割みたいになっていたので、ブログとWebライティングの目的を明確にしました。

 

【ゴール】1年後にはブログを収益基盤とする
【プロセス】Webライティングで副業収益を確保しつつ、ブログ運営に投資にする

 

内容は人それぞれ違ってOKだと思いますが、目的が明確になっていないとメンタルがブレ、そして結果的に行動もブレてしまいます

 

まずは、Webライティングとブログでどうなっていきたいのか、自分の中でビジョンをハッキリとさせておきましょう。

 

原因③:副業収益が不安定になった→中長期目標を立てる

僕もそうですが、副業Webライターでそれなりに稼いでいた人は、ブログを始めると一時的に副業収益が下がります。

 

ブログ記事を書くことで、Webライティング案件に割ける作業時間が減るからです。

 

その分、ブログで稼げるからいいんじゃないですか?

 

Googleのアルゴリズムなどの関係もあり、ブログの収益化には最低でも半年〜1年ほどかかると言われています。

 

なので、収益面での中長期の計画を立て、どのタイミングでどうやって収益増加をさせていくかを、リアルにイメージすることが大切です。

 

僕の場合は、1年間の収益シュミレーションと各種KPIを設定し、そのための行動計画を実戦することで、収益も少しずつ安定してきました。

 

まもる
副業とはいえ、個人の事業計画を中長期で立てつつ、毎月振り返りをしていきましょう。

 

まとめ:副業でWebライターとブログの成果を最大化しよう

まとめ:Webライターとブログの成果を最大化しよう

 

本業をこなしつつ、副業でWebライターとブログを両立させていくことは、かなりハードルが高いことは事実です。

 

とはいえ、それぞれの成果を最大化させながら「稼ぐスキル」を身につけていけば、自分自身の大きな財産になっていきます

 

失敗するリスクを恐れずに、まずはWebライターにチャレンジした時のように、ブログにもチャレンジしてみましょう。

 

それでは、今回は以上となります。

-Webライティング

Copyright© mamolog , 2020 All Rights Reserved.